過ぎ去りし日々Ⅰ

yamori.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 30日

想い出がいっぱい

いつも『過ぎ去りし日々』にお越しくださいり ありがとうございます。
私の拙い写真や文章を読んでくださり コメントまで残してくださって ありがとうございます。

最近の私は 休日にカメラを片手に出かけ PCのメモリーを減らし続けております。
かといって 技術が向上しているわけでもなく
ましてや センスが磨かれている訳でもありませんが
私のリハビリとしては効果を上げているようには考えています。
最近の私の精神面につきましては 以外に振幅が大きく
眠れない日々も多く 睡眠時間も平均2時間ぐらいでしょうか。
でも身体は元気で 食欲も旺盛です。

さて このブログも容量が一杯になりました。
選択肢は色々ありますが
とりあえず今しばらくは続けていこうと考えております。

宜しければ 過ぎ去りし日々Ⅱ へお越しください。
[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-30 18:52 | 絵日記
2004年 11月 30日

水面

とあるブログで水面に紅葉が綺麗に写りこんでいる写真を見た。
見事な水鏡になっていた。

それに比べて私のは如何だろう。
見ての通り水面に小波がたって水鏡にはなっていない。

気象条件の差ではない。
心の在り処の所以であろう。

私の心には小波が立っている。
いつも乱れている。
故に美しいものを見出せないのだ。
a0015621_501995.jpg

a0015621_504043.jpg

a0015621_505632.jpg

[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-30 05:00 | 絵日記
2004年 11月 30日

あたたかな午後

昼下がりの暖かい陽射しを受けた公園でふと眩暈を感じた私は
軽く目を閉じてその場に暫く立ち止ました。
そして再び目を開けたとき私の前に現れた光景は
私を何十年も前にタイムスリップさせました。
a0015621_1482952.jpg

それは懐かしく温かく
未来は確実にやって来るのだと信じていたあの頃に
一瞬ではあっても連れ去ってくれたのでした。
[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-30 01:48 | 絵日記
2004年 11月 29日

木々の灯り

街角のそこかしこにクリスマスツリーが飾られ
木々には白や青の電飾が施されている。
音楽はクリスマスソングメドレーがかかっている。

そんな華やいだ街を歩くのは嫌いだ。
a0015621_174228.jpg

a0015621_0521816.jpg

[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-29 01:09 | 絵日記
2004年 11月 28日

愛の宅急便

a0015621_27654.jpg
誰か私に愛の宅急便を送ってくれないか
時間指定にしてくれると
家に居るようにするから

生ものだからクール宅急便がいいんだけど
クールになっちゃったら困るな

気持ちだけを詰めてくれたらいいから
送料はそんなに掛からないと思うよ


・・・と 馬鹿なことを書いてきて
不意に自分で寂しくなってきた。

惑わない年齢も遠に過ぎ
愛だ恋だというものが
どんなものかも痛い程身に沁みていて
もうそんな歳じゃないことも
よく解っているじゃないか

なのに何故。
[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-28 02:29 | 絵日記
2004年 11月 27日

秋の一日

最近では珍しく 今日(11月26日)の天候は晴れ。

1.空には秋の筋雲
a0015621_18532722.jpg

2.紅葉にスポットライトのように陽が当たる場所を探す
a0015621_18583793.jpg

3.紅い葉は遠目には綺麗だが近寄ると痛みが酷いので遠景にする
a0015621_1914182.jpg

4.寺の廊下に落ちた枯葉は乾燥し縮こまり意外な形を表す
a0015621_1945274.jpg

5.紅い葉のバックを寒色にする
a0015621_196890.jpg

6.紅い葉のバックを暖色にする
a0015621_1971969.jpg

7.小川の流れのなかの紅葉
a0015621_1983554.jpg



紅葉を撮ることに疲れ鴨川沿いをぶらぶらと歩く。

8.鴨川の鴨 飛ぶ一瞬を狙うもお尻だけとなる
a0015621_19122046.jpg

9.白鷺
a0015621_1913186.jpg

10.片足のユリカモメ
a0015621_19133918.jpg

11.猫
a0015621_1914397.jpg

12.カラス
a0015621_1915418.jpg

13.夕暮れが近づきつつある空
a0015621_19154665.jpg


少しは画像を選んで出せよ との声も聞こえてきそうですが
まぁたまにはええやん なぁ。
[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-27 19:18 | 絵日記
2004年 11月 27日

秋の陽射し

小春日和の京都は陽射しのなかに居ると暑いくらいでしたが
影に入ると冷んやりとした空気に包まれました。

鷹峯界隈を多くの観光客に囲まれて歩きながら 
私はひとり光と影を探していました。

1.陽射しは案外に強く眩しく眼はなかなか焦点を合わせてはくれませんでした。 
a0015621_23543577.jpg

2.木々の間から差す光は明るさをより際立たせていました。
a0015621_01690.jpg

3.私が今欲しているものを得ることが出来るなら
  私の全てを差し出すことが出来ると思うことさえ幻想なのでしょうね。
a0015621_082418.jpg

4.真摯に祈ることの無い私に何者かの加護があるわけも無し。
  ぼやけて写る水道栓の如く私もまた場違いの人間なのです。
a0015621_0172261.jpg

5.真剣にひたむきに祈っていた彼女の表情に陰は見出せんでした。
a0015621_02055100.jpg

[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-27 00:23 | 絵日記
2004年 11月 25日

OLD LOVE

a0015621_2184453.jpg


I can see your face
But I know that it's not real
It's just an illusion
Caused by how I used to feel


Old love leave me alone
Old love go on home

クラプトンが渋く歌っている。
深夜2時。
時折 乾燥機の音が混じる。
[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-25 02:17
2004年 11月 24日

またやってしまった (ーー;)

題:ねぇ綺麗に撮れたぁ
a0015621_152453.jpg
あららら ちょっとぉ 。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。


題:綺麗に撮ってよ
a0015621_1591361.jpg
こりゃまた 見事な 大鹿でんな


題:葉っぱちゃん動かないでね
a0015621_231327.jpg
なにが動かないでねやねん 可愛い娘に限って震えてるやん


題:なぁおまえa0015621_26204.jpg
撮影意図はなんやねん


ニャンコ師匠談 「こいつには 人を撮る資格なし」
          「タヌキでも撮っとくのが分相応や」
[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-24 02:09 | 絵日記
2004年 11月 23日

I will walk slowly.

雨が上がった朝 
植物達は日々の汚れを洗い流した 
瑞々しい表情を見せてくれる
そんな彼等の息遣いを感じながら
ゆっくりと歩こう
a0015621_6225398.jpg

a0015621_623144.jpg

a0015621_6232873.jpg

[PR]

# by kumasann1011 | 2004-11-23 06:23 | 絵日記